夏だ!プールだ!”ラクして楽しい”お役立ちグッズ7つのグッズ

こんにちはtakaです


今回はおうちプールをラクして楽しむ「お役立ちグッズ」をご紹介


天気や準備と片付けの手間など 大人の事情に関係なくやってあげられるようにしたいものです



温水プールの作り方、手軽に購入できる排水ポンプなどおすすめグッズを紹介

また紹介しているグッズは概要欄にURLを載せておきますので 参考にしてください

1.日除けのタープ

まずはプールの準備のための準備

最近の日差しは本当に強く、準備しているだけでも熱中症になってしまいそうなくらい

しっかりと日陰をつくるところからはじめます

市販のタープもいろいろありますが、軒下いっぱいにかけられるように幅広いタープをもとめ


辿り着いたのは、オーダーメイドで寸法調整できるタープにリングがついているだけのいたってシンプルなもの

スタイルダートというブランドのタープで幅も長さも自由にオーダーができます



遮熱、断熱効果も高く、さらには撥水機能も強力

プールで多少の水しぶきがとんでも 撥水力がつよいので濡れることなく 乾くまでまってということもせずに そのままお片付けができます

おしゃれな とりつけ金具は タープと一緒に購入できますが お値段もおしゃれ価格😭 我が家は ホームセンターで買ってきたもので取り付けています

日差しをつかって プールの水を温めるという考えもありますが この後紹介するポンプをつかえば プールにだってお湯を注ぐことができるので 日除けを優先してタープをしています

2.大型ビニールプール

庭におさまるかどうかも確認せずにトイザらスで衝動買いした長さ3メートルのビニールプール

後になってわかったのはエアーベットなどで有名なブランドINTEXというところのプール

ちゃんとしたブランドでしたのでものもしっかりしていて良い買い物ができたと満足の一品


INTEXというメーカーは プールやゴムボートだけではなくエアーベッドなども手がける実績のある会社

プールは三層になっていてしっかりとしているので、水をいれてもへたることはありません

通常は5千円前後で購入できますが 時期によっては値段が変動していますのでご注意を!

オフシーズンならアマゾンのほうが安くて到着も早いのですが 夏場は楽天のほうが安いです

アマゾンは時期によっては通常5千円程度でかえるものが、夏場には8千円していました

値段、送料、到着日を確認して選んでください

3. 電動ポンプ

これもプールのメーカーと同じINTEX


空気を入れるのも、抜くのも、どちらもできるポンプです



ノズルは3種類あって、大型プール用、うきわなどの小物用の大と小といった感じ

利用シーンが自宅だけならコンセント式の一択です


海やプールに持ち込む場合は電池式ですね

<コンセント式>

<電池式>

4. お風呂水用ポンプ

今回、一番紹介したいのがコレ「お風呂水用ポンプ」


商品名は「お風呂用」となっていますが、もはや名前を「プール用」に変えたほうがいいので


と思うくらい、プールをやるときにはあらゆるシーンで活躍します


まずは最初に活躍するのはプールにお湯を入れるとき



外にある水栓から出す水だけではさすがに冷たいので



このポンプを使ってキッチンからお湯を送り込んで温水プールにしています



キッチンで寸胴などできるだけ大きい鍋にお湯を入れて、その中にこのポンプをいれればお湯を汲み上げられます


これだけ力のあるポンプですので、キッチンからプールまで少し遠い場合でもホースをつないでお湯を送り込むことができます


お湯を送り込む必要がない場合は、キッチンからも水を送り込み



外の水栓を併用すればプールに水をためる時間を半分にすることもできます



温水プールにするだけなら お風呂の追い焚きができる「沸かし太郎」もあります



が、なんとこれ1本2万円以上!!



ポンプなら3000円でおつりがでるくらい



キッチンからホースで送り込む多少の手間をかけられるなら、断然にこっちがおすすめ



このポンプは、遊んでいるときの水量調整や排水にも使えます!



水風船やビニールの噴水をやっていると、プールの水が増えていきます



水が増えすぎると、プールも壊れるし、水深も深くなって危ないので水量調整が必要です

ポンプをプールの中にいれて外に給水すれば排水になるのです

このプールには最大水深の目安がしるされています


その目印を超えるそうになったら、お風呂用給水ポンプあらためプール用給水ポンプを使って排水しています

最初に紹介しているINTEXの3mの大型プールなら、1時間から1時間半くらいで排水できます

5.すべり台

水風船や、水鉄砲など定番のプールでの遊びグッズ紹介は省略し


おすすめするのは滑り台


この3mプールと相性がよいです


プラスチックでできていて軽いので、水の上にうかべてスライダーのように遊べる


単純なつくりで、組み立ても簡単


軽くて、丈夫で、プールでつかっても安心


折り畳み式といっていますが、たたんだからといってそれほど小さくはならないのは正直な感想

6.ざる


お約束の大量水風船


わたしがこどものころ、苦労してひとつひとつ水を入れて、口を結んで・・・


やっとつくったのにすぐ割れてしまったあの思いは、いまの子たちには伝わらないんだろうな


という話はいったん置いといて



大量の水風船の後は、大量のゴミが待っています


が、これを大人がやると掃除ですが、こどもたちにザルを渡せば


ゴミすくいの遊びに変わり、楽しみながらやってくれます


これも、我が家の”ラクして楽しい”子育てのモットー


これなら、片付けが面倒という理由で大量水風船を断る必要もなくなりますね


7.シャワー

最近ゲットしたニューアイテム ホースにつないで水を出せば


噴水のできあがり


もともとは、こどもたちが水を撒き散らさずにプールに給水できるものを探していました


プールに水をためている途中でも遊びはじめ


給水中のホースで水を撒き散らすこどもたち




「ホースで家の周りに水を撒き散らすな」と、どんなに言ってもムリ


そこでたどりついたのがこのシャワーでした


最後に、YouTubeでは大型プールのお片付けについても紹介しています。


ビニールプールを箱にしまえるように畳むには一苦労


そのお片付けのときのポイントまでまとめています


時間があればちょっとのぞいてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。